楽しみ

エンターテイナーはもうすぐカジノに出演できるか?

新型コロナウイルスの状況は、多くのエンターテイナーやアスリートにとって大きな問題です。彼らが観客の前でショーをしていた、かつての日々は失われました。今日では、社会的距離を維持しマスクを着用することが重要視されています。 カジノがまもなく様々なイベントを開催できるようになるか? これはカジノの場所によります。ラスベガスの場合、問題があるかもしれません。ネバダ州の平均陽性率は10%を超えています。これは保健当局が推奨する陽性率の2倍です。つまり、感染者数を抑えるために、より厳格なルールが必要だということです。 日本のパチンコ店は当局から閉店するように指示されています。しかし、米国の一般的なカジノとは異なり、パチンコ店ではライブショーがありません。代わりに、プレイヤーは台の前に座って静かにしていれば、台がエンターテインメントを提供してくれます。調査によると、パチンコ店ではプレイヤーが別々に台を使用しているので他人との接触が起こらず安全だと言われています。 世界初のオンラインカジノ「InterCasino」では、ライブショーゲームもパチスロ風ビデオスロットも両方楽しめます。

カジノでのエンターテインメント、コンサート、お笑いイベント

エンターテインメント業界は新型コロナウイルスによる影響を受けており、ライブイベントは禁止されています。ウイルスの感染率が高いため、屋外も含むイベントが一時的に禁じられているのです。では、カジノに出演する人々は今どうなっているのでしょうか。  コンサートであろうとお笑いイベントであろうと、会場に行けばウイルスに感染する潜在的なリスクがあるため、躊躇する人が多くなっています。このため、カジノの収益は落ち込んでいます。ラスベガスは、米国で最もカジノが栄えている地域の1つです。しかし観光客やギャンブラー、楽しみを求める人々の来訪に依存しているので、過去7か月間損失を被っています。  MGMだけでも、昨年の第2四半期に約10億ドルを失いました。MGMの昨年の純利益は第2四半期だけで4300万ドルだったので、その損失額がいかに大きいかがわかります。  通常の生活に戻れるのは?  このようなイベントがすぐに再開される可能性はあるのでしょうか?ネバダ州のカジノは6月4日に再開しましたが、「新しい日常」に適応するためにかなり多くの制限が課せられました。カジノは、ギャンブラーの数を制限したり、ギャンブラー同士の間隔を空けたりするなどの措置を取りました。それでも、エンターテインメント業界はまだ完全に再開することができず苦労しています。  しかし、希望はあります。ラスベガスのカジノでは、総座席数の最大10%が開放されることになりました。つまり、2500席の会場であれば250人を収容できるのです。ただライブイベントの主催者はこれでは営業を続けることができません。主な収入源がチケットの販売額である場合は特にそうです。このような状況のため、一部のイベントは中止されてしまいました。  米国あるいはネバダ州における新型コロナウイルスは、短期間では収束しないでしょう。ネバダ州の陽性率は13.2%です。保健当局によると、陽性率が5%を下回った場合にのみ、通常の営業に戻ることができるそうです。新たな陽性者の急増は、ラスベガスの美しさを見て興奮した観光客によるものかもしれません。  オンラインカジノとその他の選択肢  多くのギャンブラーが別の形の娯楽を求めています。デイブ・シャペルからビル・バーまでNetflixスペシャルを視聴している人も数多くいます。一方でギャンブルに関しては、オンラインカジノを代わりに利用している人もいます。  日本は、特にここ数ヶ月でオンラインカジノが人気を博している国の1つです。人々が家で色々な形の娯楽を探す中で、上級ギャンブラーもパチンコを休んでオンラインギャンブルを楽しんでいます。  しかし、パチンコはギャンブラーにとって本当に悪い選択肢でしょうか?パチンコ店は必須産業ではないとされてきましたが、パチンコ店でウイルスに感染した人は多くはありませんでした。屋内にいるものの、人々は必ずしもコミュニケーションをとるわけではありません。加えて、ギャンブラーは台で遊んでいるだけなので、ギャンブラー同士のやりとりは見られないのです。